SOLUTION 01

INSPECTION

非GPS環境下でも自律飛行が可能な
建物・インフラ点検に最適なソリューション

INSPE
CTION

PF1-
Inspection
建物・インフラ点検ソリューション

橋梁下、室内でも自律飛行での
近接目視が可能

ACSL独自開発のレーザーを使用した自己位置推定技術を応用することで、橋梁下などGPS・GNSSデータが取得できない環境下においても自律飛行します。 近接目視用カメラを搭載することで、0.1mmレベルのクラック診断を行うことが出来ます。

PF1-Inspection

Manual flight / Attitude hold mode / GPS position hold mode / GPS waypoint flight,planned-route flight / 920MHz data link (usable up to ≈7km distance) Alerts for all critical systems / "Go home" on user command or data signal loss / Flight recorder

CUSTOMIZE PARTS
GPS denied environment / Laser SLAM / Autonomous flight
PF1-Inspection

CORE SET

CORE SET

一般的なドローンは衛星からのGPS・GNSSデータを使用し、位置情報を把握することで自律飛行を行っています。しかし、構造物の近くや橋梁下においてはGPS・GNSSデータが遮断され、使用することが出来ず、自律飛行が出来ません。PF1-Inspectionではこの課題に対し、水平および垂直方向に搭載したレーザーにより 3次元地図をリアルタイムで作成し、ドローンが自分の位置を把握する技術を開発しました。これにより、非GPS環境下においても自律飛行が可能となっています。

SOLUTION
SOLUTI
CASE
ON CASE

  • 橋梁点検
    橋梁点検では0.1mmレベルのコンクリート・クラックを見つけることができます。PF1-Inspectionを一次調査に実施することで、重点点検面を絞ることができ、工期短縮・コスト削減などが可能になります。
  • 工場設備の点検
    PF1-Inspectionは配管が密集しているエリアやタンク内などでの飛行が可能です。定期点検においては、スクーリング手法として応用することで、仮設接地面積の縮小、高所点検リスクの低減が可能です。
  • 建物の点検
    マンションやビルなどの高層構造物においては、GPS・GNSSデータの反射が起きてしまいます。PF1-Inspectionを応用することで壁面や屋根面の近接目視が可能になります。
1
3

TECHNICAL
FEATURES

FEATURE 01

レーザーセンサー

レーザーセンサーが270度の角度にて、水平および垂直方向をリアルタイムでスキャンします。反射データを取得することでドローンの周辺環境を把握します。この技術をSLAM技術といいます。

FEATURE 02

リアルタイム3Dモデル化

レーザーから取得したデータを使用し、リアルタイムで3Dモデルを構築します。3Dモデルとドローンとの距離を把握することで、ドローンがどこにいるかを推定し、GPS・GNSSデータが取得できない環境下でも自律飛行が可能になります。

FEATURE 03

高解像度カメラ

0.1mmのクラックを診断するためには、ドローンが安定・自律飛行できることに加えて、高解像度カメラが必要になります。ACSLではお客様のご要望に合わせたカメラを搭載することができます。

VIEW SPEC

OTHER SOLUTIONS

  • SOLUTION 02 SOLUTION 02 PF-1 Survey / 計量・測量 写真

    PF-1 Survey / 計量・測量
    PF1の高速飛行を最大限に生かした、高スループット型の高速計量・測量ソリューション
  • SOLUTION 03 SOLUTION 02 PF-1 Survey / 計量・測量 写真

    PF-1 Protection / 防災・災害
    防災・災害時に必要な高解像度空撮カメラおよび赤外線カメラを搭載した防災・災害ソリューション
  • SOLUTION 04 SOLUTION 04 PF-1 Delivery / 物流・宅配 写真

    PF-1 Delivery / 物流・宅配
    人が操作することなく、離島や僻地、工場敷地内の運搬を可能とするソリューション
DRAG TO 180° VIEW