三信建材工業()は非GPS環境で自律飛行を行うSLAM型機体を用いて取得した画像を点検に活用するソリューションを構築しています。

 

画像撮影はインターバル撮影にて等間隔で連写し、一定のオーバーラップをかけた画像を取得します。

この元データより画像処理をかけ、3Dオルソ画像を作成します。

地形の3D図

 

建物のオルソ図

 

測量等においても応用される技術ですが、こちらの技術を用いることで、撮影データに残る被疑箇所の特定や、図面と異なる実地の現場の状況など継続的に記録することができ、データを積み上げることによって容易に劣化の程度を年数に従って追うことができます。

また、特に橋桁下のような平面コンクリートのクラックなどを把握したい場合、2Dへのオルソ処理を行うことが有効です。

こちらの図をご覧ください。

こちらはドローンにより取得したコンクリート面の写真から起こしたクラック図面です。

橋の長手方向と垂直方向の細かいクラックが多数見受けられる結果を得ました。

このように、足場を組まずともドローン取得による画像を元に点検を行う際に必要となる情報を得ることができます。

(画像提供:三信建材工業()