ACSLは、本日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が公募していた「安心安全なドローン基盤技術開発」事業に採択されました。

 

本事業では、上記目的を達成するための委託事業として、政府調達向けを想定した高い飛行性能・操縦性、セキュリティを実現するドローンの標準機体設計 ・開発及びフライトコントローラー標準基盤設計・開発を実施します。なお、 性能検証のために関係省庁等と連携し、試作機を用いてエラー情報などのフィードバックを踏まえて性能をブラッシュアップしていく、アジャイル開発を前提とします。

また、助成事業として、研究・開発される標準仕様に合致する機体、並びに主要部品の量産・供給・保守の体制構築及び継続的な性能・機能をブラッシュアップする体制の 構築を支援します。

 

詳細は、こちらをご参照ください。