ACSLがアクセンチュアと取り組んだAI x ドローンによるプラント保安の自動化ソリューションの実用化について、アクセンチュアホームページに紹介されました。

 

国内の数多くの工場・プラントは、継続的な操業が求められていながら、操業開始から数十年を経て老朽化が進行しています。また、老朽化によりメンテナンスのニーズがますます増大する一方で、深刻な問題となっているのが、これまで安全安定操業を支えていた、豊富な経験を持ったベテラン運転員の引退、それに伴うノウハウの喪失です。そのような状況を受けて、ドローンとディープラーニングを組み合わせた独自の技術により、プラントが直面している課題の解決を図っております。

 

詳細は、こちらをご参照ください。