株式会社自律制御システム研究所(本社;千葉市美浜区、代表取締役社長;太田裕朗、以下「ACSL」)と株式会社センシンロボティクス(本社;東京都渋谷区、代表取締役社長;北村卓也、以下「センシンロボティクス」)は、BtoB向けドローンソリューション構築とその社会実装に向け連携を開始したことをお知らせいたします。この度の業務提携により、エンドユーザーの業務課題に対して、用途別に特化されたドローン機体やソフトウェアシステムを含むソリューションの構築、効果検証の実証実験、そして実オペレーションへの導入、導入後のアフターサポートといった、ドローン利活用の全フェースをシームレスに提供することが可能となります。

 

その第一歩として、ACSLの産業用ドローンとセンシンロボティクスが提供する自動航行プラットフォーム『SENSYN FLIGHT CORE』への接続開発が完了、ソリューションの提供を開始します。物流分野では棚卸業務など屋内点検業務の完全自動化、屋外におけるドローン物流の完全自動化のへの取り組みが可能になります。また点検分野では、遠隔監視、遠隔管理による定期点検が可能になります。

 

センシンロボティクスとACSLは、今後も相互のノウハウ・技術を活用し、より安全で高性能な完全自動運行ソリューションの実現に向け連携し、ロボティクス技術の産業利活用を推進してまいります。

 

詳細は、こちらをご参照ください。