株式会社⾃律制御システム研究所(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:太田 裕朗、以下 ACSL)は、JSR株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川橋 信夫、以下 JSR)、およびアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下 アクセンチュア)との連携の下、ドローンとAI(人工知能)による画像認識技術を活用し、化学プラントなどのインフラ設備の腐食レベルをスクリーニングにより自動判定できるシステムを開発しました。同システムではドローンで撮影した高精度な画像をディープラーニングなどの先端AI技術で判定することにより、従来型の現場での目視による点検に代わり、制御室のモニター上でより迅速、正確かつ安全な方法での設備点検が可能になります。

 

ACSLは、NEDO (国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)より「AIシステム共同開発支援事業」の助成を受け、2018年8月からJSR鹿島工場で実施してきた実証実験などを通じ、GPS電波の届かない環境(非GPS環境)下でも自律飛行する自社のドローンの開発と空撮された画像データとシステム全体に連携する仕組みを整備しました。また、アクセンチュアはAIやデータサイエンスの専門組織「アクセンチュア アプライド・インテリジェンス」が有する技術力や産業保安分野に関する豊富な知見を活用し、これらの画像やデータを解析し、腐食箇所の判定を可能にするAIの構築および統合アプリケーションプラットフォームの開発を担当しました。

 

詳細は、こちらをご参照ください。