株式会社自律制御システム研究所(本社;千葉市美浜区、代表取締役社長;太田裕朗、以下ACSL)は、自律制御技術を用いた無人化・IoT化に係るソリューション提供に向け、より優れた産業用ドローンの開発に取り組んでいます。

 

この度、市場の需要が高かった国産・小型の産業用ドローン「Mini」を販売することにいたしました。本機体は、独自開発の自律制御技術を活かし、小型化・高性能化を追求することで、狭小空間でも安定した飛行を実現し、かつ最大48分の長時間飛行が可能な機体となっております。また、アプリケーション別に需要の高い各種センサーの搭載にも対応をしております。

 

「Mini」は本日より予約を受け付けており、価格は定価80万円(税別;オプション別)となっております。本機体は、別途オプションのプログラム改修を施すことで、非GPS環境下での自律飛行機能も実装可能となっております。

 

詳細は、本製品リリースをご参照ください。