陸上自衛隊東部方面隊は5月25日、5月21日から25日までの間実施した東部方面隊実動演習(FTX)内の訓練として災害時情報収集訓練を実施しました。

 

東部方面隊が災害発生時の協力や平時の訓練、研究等の各種連携を行うために、今年2月から3月にかけて、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、自律制御システム研究所(ACSL)、災害ボランティアバイクネットワーク関東(VBN)の3団体と協定を結び、情報収集の協力体制を構築してきました。今回の災害時情報収集訓練は3団体との初の実動訓練となります。

 

詳細は、こちらをご参照ください。