INSPECTION TUNNEL [GPS-denied] INSPECTION TUNNEL
[GPS-denied]
インフラ点検 トンネル(非GPS環境)

トンネル内の壁面に沿って自律飛行が可能なドローン

トンネルの内壁点検において活用できるドローン。トンネルの断面形状を把握しながら壁からの距離を一定以上に保ちつつ自律飛行を行ないます。トンネルの壁面からの距離をもとにドローンの位置を制御しており、長い距離を飛行しても誤差の少ない安定した飛行・空撮を実現することができます。また、高輝度LED及び高精細カメラ(2000万画素~)がドローン上面に搭載でき、照明がない暗い環境での空撮も可能です。

KEY FEATURE

Visual SLAMとLiDARの組み合わせによる自律飛行

Visual SLAM(可視光カメラ)とレーザー SLAM (LiDAR)の2種類の自己位置推定技術を組み合わせて自律飛行を行います。LiDARの特徴である暗い場所でも対象物の形状把握が可能な点を活かし、トンネル壁面に対してLiDARを照射することで形状を把握し、常に壁面からの距離を保つよう自己位置推定をすることができます。また、Visual SLAMを用いて移動距離を認識することができ、この2つの技術を融合させることで、長いトンネル内においても安定した飛行を可能としています。

FEATURES特徴

橋梁下、室内でも自律飛行での
近接目視が可能
トンネル・煙突点検

SCENE 01

トンネル・煙突点検
トンネル・煙突点検では0.5mmレベルのコンクリート・クラックを見つけることができます。ドローンによる損傷個所の一次調査を実施することができ、重点点検面を絞ることで、工期短縮・コスト削減などが可能です。
工場設備の点検

SCENE 02

工場設備の点検
工場内設備の配管や鉄筋の損傷、アナログ計器のメータ確認などを行うことができます。人による巡視点検の代替としてドローンを活用することにより、作業時間の短縮・労働力不足の解消などが可能です。
倉庫

SCENE 03

倉庫
RFID等を用いて在庫状況の確認や保管場所の確認などを行うことができます。人による巡視点検・棚卸作業の代替としてドローンを活用することにより、作業時間の短縮・労働力不足の解消などが可能です。
構造
全長(プロペラ範囲)
1173 ㎜
高さ
654 ㎜
重量(バッテリ1本含)
7.07 ㎏
通信システム
プロポ
2.4 GHz
データリンク
920 MHz
フライト制御システム
オートパイロット
ACSL AP 3
性能
飛行速度(完全自律飛行時)
水平:10 m/s 上昇:3 m/s 下降:2 m/s
高度
150 m(航空法上限)
最大風圧抵抗
10 m/s
最大飛行時間
29分(ペイロードなし)
最大ペイロード
2.75 ㎏
バッテリ
容量
12,000 mAh x2
公称電圧
22.2 V
タイプ
LiPo 6S
基本性能
  • ■安全機能
  •  防塵防水性:IP54
  •  強風時のフェールセーフ
  •  ルート逆順のGo home設定可能
オプション
  • ■6000万画素カメラ α7R4
  • ■5.7GHz映像伝送 屋外(免許必要)
  • ■プロペラガード

対人/対物/動産保険が標準搭載(東京海上日動)

※製品仕様は予告なしに変更する場合があります。

OTHER PRODUCTS関連製品