NEWS RELEASEニュース

プレスリリース
2020.08.21
プレスリリース

VFRとACSLが長野県豪雨の被害状況調査にドローンを活用 -VFR初のエンドユーザー向けドローンソリューション提供-

VFR株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:留目 真伸 以下VFR)と株式会社自律制御システム研究所(本社:東京都江戸川区 代表取締役社長兼最高執行責任者(COO):鷲谷 聡之 以下ACSL)は、長野県企業局からの依頼により、2020年7月の豪雨で土砂崩れのあった長野県企業局大鹿発電所付近において、2020年8月13日(木)~14日(金)、ドローン空撮による状況調査を実施しました。尚、この取り組みはVFRが提供する初めてのエンドユーザー向けソリューションとなります。

VFRとACSLは、今後も長野県の災害支援に協力していくと共に、新たな社会インフラとしてのドローンの普及に向け、両社での連携をより強化し、共同での機体開発に加え、高度な産業用ソリューションについても調査・検討を進めてまいります。

写真)調査実施中のドローンの様子

詳細は、こちらをご覧ください。

SHARE ON