COMPANYACSLについて

LIBERATE
HUMANITY
THROUGH
TECHNOLOGY

VISION

最先端の
ロボティクス技術を追求し、
社会インフラに革命を

当社は自律制御技術を始めとした
ロボティクス技術を追求し、
常に最先端の技術開発を行う。
それらの技術の社会実装を通じて、
人類の活動の基盤となる社会インフラにおける、
人類の経済活動の生産性を高め、
付加価値の低い業務、危険な業務を
一つでも多く代替させ、
次世代に向けた社会の進化を推し進める。

  • 代表取締役CEO
    太田 裕朗
    HIROAKI OHTA, PhD
    2016年7月ACSLのCOOに就任。2018年3月より現職。以前は京都大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 / 助教を経て、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて研究に従事。シリコンバレーのスタートアップの技術顧問も兼務。2010年より、マッキンゼー・アンド・カンパニーに参画。京都大学博士。
  • 代表取締役社長 兼COO(最高執行責任者)
    鷲谷 聡之
    SATOSHI WASHIYA
    2016年7月よりACSLに参画。以前はマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社およびスウェーデン支社にて、日本と欧州企業の経営改革プロジェクトに従事。早稲田大学創造理工学研究科修士課程修了。
  • 取締役CFO(最高財務責任者)
    早川 研介
    KENSUKE HAYAKAWA
    2017年3月ACSLに参画。以前はKKRキャップストーンにて投資先企業の経営改革に従事。東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科修士課程修了。
  • 取締役CTO(最高技術責任者)
    クリス ラービ
    CHRIS RAABE, PhD
    2017年4月にACSLに参画。以前は東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻助教、米ボーイングにて勤務。東京大学工学系研究科博士課程修了。
  • 社外取締役

    杉山 全功

    MASANORI SUGIYAMA

  • 監査役(常勤)

    二ノ宮 晃

    AKIRA NINOMIYA

  • 社外取締役

    鈴川 信一

    SHINICHI SUZUKAWA

  • 監査役

    嶋田 英樹

    HIDEKI SHIMADA

  • 監査役

    大野木 猛

    TAKESHI ONOGI

社名
株式会社⾃律制御システム研究所
代表者
太田 裕朗(CEO) 鷲谷 聡之(社長 兼 COO)
設立日
2013年11月
所在地
東京都江戸川区臨海町3-6-4 
ヒューリック葛西臨海ビル2階
事業内容
商業⽤ドローンの製造販売及び⾃律制御技術を⽤いた
無⼈化・IoT化に係るソリューションサービスの提供
2013.11
千葉県にて株式会社自律制御システム研究所を設立
2016.09
次世代産業用ドローン・プラットフォーム機体「PF-1」を発表
2017.07
画像認識(Visual-SLAM)により飛行する自律制御を開発し、商用化
2018.11
日本郵便株式会社のドローンを用いた郵便局間輸送に対して機体提供。
法改正後、国内初の「レベル3」の飛行
2018.12
東京証券取引所マザーズ市場へ上場
2018.12
ISO9001認証を取得
2019.07
新たなドローン・プラットフォーム機体「PF-2」を発表
2019.08
米国AutoModality社へ出資
2020.01
小型の産業用ドローン「Mini」を発売