ACSLは、西松建設株式会社(東京都港区、代表取締役社長:髙瀨伸利)と共同で、コンクリート床のひび割れを自動計測するシステムを開発しました。

 

本システムは、非GPS環境である建物内を自律飛行して床面の写真を自動撮影するUAV(無人航空機)とコンクリートのひび割れを検出する画像解析技術で構成され、従来のコンクリート床ひび割れ図の作成方法に比べ、検査者の負担低減や時間短縮などの省力化やひび割れ検査の品質を向上させることが期待できます。

 

 

詳細は、こちらをご参照ください。